記事リスト

国際結婚の手続き方法

好きな人と結婚し、子供は何人欲しい!という要望を持っている方は男女どちらもいると思います。好きな人と結婚し、子供を授かるというのは幸せなことですよね。結婚と子供という言葉は深く結びついており、結婚は夫婦になることであり、婚姻届を市区町村役場に提出します。婚姻届一枚と場合によって戸籍謄本または抄本を提出する場合もありますが、あと印鑑だけで手続きができます。これは日本国内の場合です。
では国際結婚の手続きというのはどのように行うかですが、二つの方法があります。まず一つは最初に日本の市町村役場に婚姻届を提出し、その後相手の国に届出を出す方法です。あと一つはその逆になりますが、先に相手国に届出を出し、日本に提出する方法です。提出書類はまず婚姻届、戸籍謄本、婚姻要件具備証明書、パスポートです。婚姻要件具備証明書とは外国人婚約者が独身であるか、国籍がある国の法律で結婚することに問題はないかを証明するものです。日本語の訳文も提出します。婚姻要件具備証明書が発行されない国もあるのでそういう場合はどうしたら良いか確認しておきます。その後、日本の市町村役場で受理されると婚姻受理証明書が渡され、相手の国に提出します。これで受理されれば手続きは完了です。
国際結婚することで相手の文化を学ぶこともでき、自分の視野を広げることもできます。

おすすめ関連ページ