記事リスト

婚姻届の提出方法

結婚と子供を持つことは人生の中でも大きなイベントです。その中でまず第一歩を踏み出す、婚姻届の提出の仕方について確認しておきましょう。
まず提出先は、「夫または妻の本籍地、もしくは住所地」となっていますが、この「住所地」は一時的に滞在している場所でもいいので、実質的にはどこの市役所、区役所又は町役場や出張所でもよいということです。しかし、本籍地以外の場所に提出する場合には戸籍謄本が必要になり、郵送で請求する場合には1~2週間ほどかかるので早めの準備が必要です。
時間も365日24時間いつでも受け付けています。夜間や休日でも時間外窓口で受け付けてくれますが、全ての届けの受け付けが行われている為、あまり華やかな雰囲気ではありません。(たとえば死亡届を提出しに来ている人もいるわけです。)また出張所は時間外受付をしていない場合があるので事前に確認が必要です。時間外窓口を利用する場合、受理されるのは窓口が開いてからとなりますが、入籍日は提出日になります。しかし、もし書類に不備があった場合には受理されないので、記念日などに合わせて時間外窓口に提出する場合には、事前に窓口で確認しておくなどの対策が必要です。また、窓口に行く際には訂正用の印鑑を持っていくと安心です。
提出は夫婦揃ってでも、どちらか一方ででも構いません。代理人でも可能ですが、不備があった時に代理人では訂正できないので注意が必要です。

おすすめ関連ページ